悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコンダイエットメニュー若返りアイコンダイエットと睡眠不足

ダイエットと睡眠不足

寝ているときよりも起きているときの方が長いと活動量も多いため痩せるような気がしますが、実は十分な睡眠が取れていないと太りやすくなるそうです。

睡眠不足になると食欲を司るホルモン、「グレリン」と「レプチン」の分泌が乱れます。
グレリンは成長ホルモンを刺激し、食欲を増進させます。
一方、レプチンは体脂肪が増えると食欲を減退させ、エネルギー代謝を亢進させます。

このグレリンとレプチンの分泌のバランスが乱れると身体が飢餓感を感じいくら食べても満足することが出来なくなります。無性に甘い物が欲しくなったり、いつの間にかたくさん食べ過ぎていたりして過剰なカロリー摂取が肥満に繋がるのです。

また、睡眠不足の人はカロリーの高い食べ物を食べたくなる傾向があります。特にケーキやジャンクフードなどの脂肪分たっぷりのものを欲する様です。

更に睡眠不足は味覚にも影響し、濃い味のものを求めるようになります。

このことからダイエットを成功させるためには睡眠もしっかり摂る事が重要だと言えます。