悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコンダイエットメニュー若返りアイコン正しいダイエットとは? 若返りアイコン体脂肪を減らす食事

体脂肪を減らす方法

体脂肪が増えていく原因は炭水化物の過剰摂取によるインスリンの氾濫によるものです。

体脂肪は、炭水化物の多い食事をとり続けると確実に増えていきます。体脂肪を減らすためにはタンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素をバランス良く摂る必要があります。三大栄養素をバランス良く摂取するとインスリンの分泌が減少し、体脂肪が増えにくくなるのです。

具体的にどの様な食事をするのが理想的か下記に掲載致します。

体脂肪を減らす食事法

体脂肪を減らすための食事法を簡単に言うと、脂質、タンパク質、炭水化物のバランスが取れた食事を摂取することです。そして、必要量以上の食事を取らないことです。

正しい食事のバランスを示すと炭水化物とタンパク質は同量。1回に食べる量は、各々自分の手のひら一つ分を目安にします。野菜の中でも、芋類、カボチャ、にんじんなどは炭水化物のうちに入れご飯やパンと同類とします。

その他の野菜は、生野菜なら炭水化物の3倍、温野菜なら同量食べるようにします。こんにゃく、海藻類、キノコ類は制限がありません。

炭水化物で最も好ましいのは玄米です。一番体脂肪が出来やすいのは小麦粉を使用した食品、麺類やパンなどになります。

食事を取るときは5時間以上間隔を空けないようにします。1回の食事量を減らし、食事の回数を増やした方が体脂肪が付きにくいのです。

食事を始めるときは、最初に炭水化物を口にしないようにします。先にご飯等から食べるとインスリンが一気に分泌して体脂肪が尽きやすくなります。サラダや果物、発酵食品などの酵素を含む食品や味噌汁などの汁物を先に口にするようにしましょう。

食物油を使用するときにはオリーブ油かえごま油にしましょう。

詳細は脂肪の正しい摂り方をご参照下さい。