悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコンダイエットメニュー若返りアイコンダイエットトラブル 若返りアイコンケトーシス(ケトン体血症)

ケトーシス(ケトン体血症)

炭水化物を極端に減らし、大豆タンパクを大量に摂取するダイエットを行うと代謝異常を起こすケトーシスと呼ばれる状態になる可能性が高くなってきます。

ケトーシス(ケトン体血症)とは

ケトーシスとは血液中にケトン体が大量にある状態を言います。ケトン体とは血液中のインスリンが極端に減少したときに分泌される物質で、ケトン体自体酸性なので血液も酸性になってしまいます。その為、臓器の機能が低下してしまいます。

体内の臓器の働きが低下し続けるとやがてそれは脳にまで達し、脳機能までが低下し昏睡状態に陥ることがあります。

ケトーシスの原因

ケトーシスの原因は炭水化物を極端に減らして、大豆タンパクを過剰にとり過ぎたために起こる異常代謝です。私たちの体は糖質をエネルギーに変えて機能しています。しかし、糖質の材料となる炭水化物の摂取が無くなるとその代わりに脂肪やタンパク質をエネルギー源にしようとします。

脂肪やタンパク質をエネルギー源として分解するときにケトン体が出来ます。これがケトーシスという異常代謝の正体です。

ケトーシスになると多尿症になって体の水分が急激に減少します。その為、体重は減ります。しかし、体脂肪が減ったわけではありません。必要な水分が無くなっただけで本当のダイエットとは言えないのです。