悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコンお肌の悩み別美肌食品若返りアイコンベータカロチン

βカロチン

βカロチンは緑黄色野菜に含まれる抗酸化物質で、老化防止に効果があるとされています。βカロチンが不足すると、ガンや心臓病などの慢性的な病気になるリスクが増えてしまいます。

βカロチンについて

【βカロチンとは?】
βカロチンとは、緑黄色野菜に多く含まれる抗酸化物質で色素の一種です。βカロチンは体内でビタミンAに変換され、体内のビタミンAが十分である場合はそのまま体内に蓄積され、必要に応じてビタミンAに変換されます。
そして、活性酸素を無害化する働きが有ります
【不足すると】
活性酸素が増加して老化を促進させます。また、ガンや心臓病などの病気にかかるリスクが増えます。
【1日に必要な量】
男性600マイクログラム、女子540マイクログラム
(ガン予防には200gの人参1本位の摂取が効果的)
【含有食品】
●人参、さつまいも、かぼちゃ、モロヘイヤ、ブロッコリー、ひじき、のりなど
(特に人参にはβカロテンの含有量が多くブロッコリーの10倍も有ります。)
【効率的な摂取法】
βカロチンは油を用いた調理法で吸収率が高まります。また、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取すると効果的です。
【βカロチンの効果】
肌荒れ、粘膜の強化、血行促進、肝機能改善、動脈硬化、がん予防など