悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン美容・健康用語集ア行若返りアイコンアミグダリンとは

アミグダリンとは?

アミグダリンとは、糖に青酸が結合した青酸配糖体と呼ばれる物質の一種で別名レートリルとも呼ばれています。

アミグダリンはバラ科サクラ属植物アンズ、ウメ、モモ、ビワ等の未熟果実の種子にある仁に多く含まれます。アミグダリンそのものには毒性がありませんがエムルシンとβ-グルコシダーゼ呼ばれる酵素によって分解されると猛毒のシアン化水素(青酸)を発生させます。

アミグダリンと癌

アミグダリンは以前、ガンに効く成分として注目されていましたが米国国立癌研究所によるとその有効性は全く無く、むしろ青酸中毒などを起こし死に至る可能性の方が強いと言われています。

また、アミグダリンは過去にビタミン17と呼ばれた事も有りましたが、今ではビタミンの部類には属さないとされています。

アミグダリンの健康障害

アミグダリンは日常的に常識の範囲内で食品から摂取する場合は、それほど心配の必要はありません。しかし、アミグダリンの効果を強調した健康食品等から摂取した場合、健康障害の危険性が高まります。特に、ビタミンCと一緒に摂取すると、アミグダリンの毒性が高まるとされています。

アミグダリンの中毒症状

アミグダリンの中毒症状としては、頭痛、めまい、嘔吐、肝障害、痙攣、頻脈、低血圧、昏睡、尿崩症、歩行困難等が有り、最悪の場合死に至ります。