悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン美容・健康用語集 ハ行若返りアイコン反応性低血糖とは?

反応性低血糖とは?

反応性低血糖とは、糖分の多い物をたくさん食べると膵臓が過敏に反応しインスリンが過剰に分泌される為血糖値が下がりすぎる症状の事を言います。

反応性低血糖になると食べたばっかりなのにすぐにお腹が空くと言うことを繰り返すようになります。この時にすぐに食べると悪循環に陥ります。我慢して待っていれば血糖を上げるホルモンによって徐々におさまってきます。

しかし、イライラしたりあくびや吐き気、無気力、動悸、倦怠感、冷や汗が出たときには低血糖になりすぎている可能性があるので少量の糖分を補給します。

反応性低血糖の状態がずっと続くと2型の糖尿病になる恐れがあります。

反応性低血糖にならないためには炭水化物の摂りすぎや糖分の多い物に気を付ける必要があります。炭水化物は少量にして野菜とタンパク質中心の食事にしたり、適度な運動をする事を心掛けるようにします。