悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン美容・健康用語集 ハ行若返りアイコンパントテン酸とは?

パントテン酸とは?

パントテン酸とは、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンの一つでかつてはビタミンB5と呼ばれていました。

パントテン酸は酵素がタンパク質、脂質、炭水化物をエネルギーに変換させるのを補助する働きがあります。ナイアシンやビタミンB2と共に働き、不足するとエネルギー代謝が滞り脂肪が体に溜まりやすくなります。

また、HDL(善玉コレステロール)の生成を促す働きが有り、動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果を発揮します。

パントテン酸が不足すると不眠や副腎機能の低下、風邪を引きやすい等の症状が現れやすくなります。

パントテン酸を多く含む食品としては、ピーナッツ、納豆、マッシュルーム、オートミール、鮭、ブロッコリー、アボガド等が上げられます。