悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン美容・健康用語集タ行若返りアイコン特定保健用食品とは

特定保健用食品とは?

特定保健用食品のマーク特定保健用食品とは厚生労働省の許可を受けて、その製品に対する具体的な有効性を表示して販売される食品の事を言います。

特定保健用食品の用途を表記する際には、その有効性を示す為の根拠となる成分の表示も義務づけられています。

例えば、「この製品は◯◯が含まれているため、◯◯に有効です。」と言う様に表記されます。また、食品では有りますが、医薬品の様に摂取目安や摂取方法、注意事項を表示する事も義務づけられています。

特定保健用食品の許可を受けるには?

特定保健用食品として販売する為には、厚生労働省の許可が必要となります。厚生労働省で許可を受ける為には申請者である食品メーカーが「許可申請書」「審査申請書」「食品の分析サンプル」を提出する必要が有ります。

提出された書類は、最終的に「厚生労働省医薬食品局」が受理し、「薬事・食品衛生審議会」「食品安全委員会」が審査します。そして、「食品の分析サンプル」は「国立健康・栄養研究所」又は「登録試験機関」が許可試験を行います。

このように、膨大な資料を求められ、厳しい審査を通過しなければならない「特定保健用食品」は、国に認められた信頼のおける食品と言えるのです。しかし、あくまでも食品であり、医薬品とは別と考え治療に用いるべき物ではありません。