悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン美容・健康用語集タ行若返りアイコン腸内フローラとは?

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、小腸の終わりから大腸に掛けて腸内細菌がびっしりと敷き詰められている様子を言います。それはまるでお花畑に見えることからそう呼ばれるようになりました。健康な人の腸内には悪玉菌、善玉菌、日和見菌を合わせて約400種類以上、総数で約100兆個の腸内細菌がバランス良く住み着いています。

この細菌は身体を病気から守るために存在しています。善玉菌は免疫力の向上、感染症予防、消化吸収の促進、ビタミン合成、腸の蠕動運動の促進等をする働きがあります。一方、悪玉菌は毒素や発がん物質の生産、ガスの形成、体臭等に関係し、増加すると身体に様々な悪影響を及ぼします。善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌は悪玉菌が優勢になると悪玉菌に変化します。

腸内細菌のバランスが崩れると、便秘や下痢、免疫力の低下、自律神経への悪影響を引き起こし病気になりやすくなります。其の原因となるのが老化やストレス、食生活の乱れ、運動不足等です。