悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン身体の悩み、症状別に体質改善若返りアイコン冷え性の原因と対策若返りアイコン冷え性種類別

冷え性の種類

冷え性と言っても人によって冷えを感じる部分は様々です。冷え性の種類によっても対策方法は異なります。自分がどの種類の冷え性であるかを把握して冷え性対策を行う必要があります。

全身型冷え性

全身型冷え性とは、基礎代謝の低下や運動不足によって起こる冷え性です。体の中で熱を作れないことと熱が体から逃げやすい為に全身が冷えてしまいます。全身が冷える方は、日頃から体を動かしたり、食生活を見直す必要があります。

又、あまりにも体が冷えて辛いと言うときには、貧血や甲状腺機能の低下などの原因が考えられますので、医療機関の受診をお勧めします。

末端型冷え性

末端型冷え性とは、主に手足への血流が悪いためにいつも手足が冷えている状態にある冷え性です。末端型冷え性の方は筋肉が不足しているかも知れません。筋肉には体内の脂肪をエネルギーに変えて燃焼させ、体を温める働きがあります。筋肉量が少ないと熱を作り出す力が不足するため、手足まで熱を運ぶことが出来ずに冷えてしまうのです。

内臓型冷え性

内臓型冷え性とは手足が温かいのに内臓が冷えている状態の冷え性の事を言います。内臓型冷え性の原因としては、夏場のエアコンの冷やしすぎ、冷たい物のとりすぎ、体を冷やす食品のとりすぎ、過剰な食事制限によるダイエット等が考えられます。

内臓が冷えると免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。また、消化器官の働きが悪くなり便秘の原因にもなります。

下半身型冷え性

下半身が冷えるのは骨盤が歪んでいることが原因かも知れません。普段の姿勢が悪いと骨盤が歪む原因になります。また、更年期になると下半身が冷えやすくなることもあります。上半身はほてっているのに下半身だけが冷えている状態になる事があるのです。

下半身型冷え性を改善するためには、骨盤を正常にする必要があります。ストレッチや骨盤体操、ウォーキングやヨガ等軽い運動を取り入れる事が有効です。

ストレス型冷え性

過度のストレスが自律神経の乱れから、循環機能に影響を及ぼし血流が悪くなります。その為体に冷えを感じるようになります。

ストレスは免疫力を低下させるため、冷えだけではなく様々な病気の原因ともなります。日頃から上手にストレスを解消する様にしましょう。

ストレスを解消させるには時間を忘れて夢中になれることを見つける必要があります。映画が本を読んだり現実を忘れて没頭するのも良い方法です。