悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン身体の悩み、症状別に体質改善若返りアイコン更年期障害について若返りアイコン更年期障害の原因

更年期障害の原因

更年期障害の原因1■女性ホルモンの変化

思春期以降から更年期前までは、通常女性ホルモンは一定のサイクルで働き、月経や妊娠をスムーズに行う事が出来る様になっています。しかし、更年期に入ると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少してしまいます。すると、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経に影響を及ぼします。

自律神経は私たちの体調を整える大切な役割を担っています。その為、自律神経が乱れるとのぼせ、動悸、冷え、不眠症等様々な体の不調を自覚する様になるのです。

更年期障害の原因2■ストレスや性格

今の時代、様々なストレスを抱えている人も多くいます。女性ホルモンの変調に加えて、ストレスが大きくかかると更年期障害が出やすくなります。あまり悩まず、心を落ち着かせ、ストレスを貯めない事が大切です。また、性格によっても更年期障害の出方に差が出てきます。特に神経質な人、小さな事にこだわりやすい人、完璧主義、凝り性、すぐに何かに頼ってしまう依存的な人等が更年期障害が強く出やすいと言えます。

更年期障害の原因3■遺伝的な要素

更年期障害は、遺伝的要素が高く、母親、祖母などに強く出た場合、本人にもその体質が受け継がれている可能性が高いと言われています。

更年期障害の原因4■生活環境

今の生活環境に不満を持っている人、又は過去の暗い体験を引きずっている人、生き甲斐を見つけられないでいる人等は心の不安定さから、更年期障害が強く出やすいと言えます。