悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン身体の悩み、症状別若返りアイコン更年期障害について若返りアイコン更年期障害と肩こり、腰痛

更年期障害と肩こり、腰痛

更年期に肩こり、腰痛が以前より悪化したと言うケースが多くあります。肩こり、腰痛は血液の血行が悪くなった為に起こります。しかし、更年期になるとただ血行が悪くなっただけにはとどまりません。自律神経の乱れと言う影響が加算されるのです。

肩こりや腰痛を緩和する為には普段からの運動が不可欠になってきます。運動していないと筋肉が減少していきます。筋肉が減少すると骨に負担がかかり肩こりや腰痛を益々悪化させる事になるのです。筋肉を増やす為には運動しかありません。ウォーキング、水泳、ヨガなどムリをせず毎日少しでもよいので運動する様にしましょう。

また、普段から姿勢をよくする事を心がける様にしましょう。姿勢が悪いと骨に負担をかける事になります。その時は何ともなくても後で急に調子が悪くなる事もあるので、特にデスクワークが多い人は気をつけましょう。

稀にですが、肩こりには病気が隠れている場合もあります。普段とは違う肩の痛みや肩こりと伴って吐き気や嘔吐、発熱が伴う場合は脳の病気の可能性もあります。背中が痛い場合は、消化器疾患が原因の場合もあります。そして、腰痛は婦人科系の疾患の可能性もあるのです。普段から、定期検診を行い少しでも体の異状を感じたら病院で診察しましょう。

更年期の肩こり、腰痛に効く漢方薬

■葛根湯(かっこんとう)
首筋や肩のコリ、腰痛、
【のぼせ、多汗、心疾患、高血圧の人は使用不可】

■芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
腰背部の筋肉の緊張、急激な腰の痛み、ぎっくり腰

■呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
頭痛を伴う肩の凝り、首筋の凝り

■ニ朮湯(にじゅっとう)
胃弱、寒がり、五十肩、首、腕の痛み

■五積散(ごしゃくさん)
下半身が冷える腰痛、中年女性の慢性の腰痛

※注意事項:漢方薬をご利用する場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。