悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン身体の悩み、症状別に体質改善若返りアイコンむくみの原因と対策

むくみの原因と対策

朝、起きたときに鏡を見ると顔がむくんでいたり、夕方になると脚がむくんで靴がきつくなったりしませんか?むくみは見た目の問題だけではなく、体に様々なトラブルを引き起こします。

むくみの原因

「むくみ」とは体の中に余分な水分がたまっている状態を言います。

体の中の水分の代謝がスムーズに行われず水分量のバランスが崩れると「むくみ」が発生します。

「むくみ」の主な原因としては、過剰な水分の摂りすぎ、糖分の摂りすぎ、血行不良、冷え、寝不足、運動不足、塩分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎ、長時間の立ち仕事、閉経などが考えられます。

特に女性は男性よりむくみやすい体質で、これは女性は男性に比べて筋肉量が少ない為と女性ホルモンに含まれる黄体ホルモンが水分をためやすい性質を持っている為です。

むくみによる体への影響

体がむくんだ状態は、体に余分な水分が停滞した状態です。体の中に余分な水分が停滞したままになると、むくみの他にも様々な症状が現れる事が有ります。

動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、不眠、頭痛、手足の震え、関節痛、様々なアレルギー症状などです。

むくみチェック

【一過性のむくみ】

  • 朝起きたとき、まぶたが腫れている。
  • スネの骨のやや内側を押すと指の跡が残る。
  • 舌の側面がデコボコとして歯の跡がついている。

ほとんどのむくみは一過性のもので2~3時間もすれば自然と解消します。
しかし、中には病気が原因の場合も有るので気になる方は診察しましょう。

病気が原因のむくみ

【顔のむくみ】

半日以上たってもむくみがとれない場合は腎臓病の疑いがあります。
また、まぶたのむくみがとれない場合はネフローゼ症候群の疑いが有ります。

【脚のむくみ】

リンパ性浮腫、脚の静脈瘤など

【全身のむくみ】

心臓病、肝臓病、低タンパク血しょう、甲状腺機能の低下など

特に、生活習慣が変わらないのに急激に体重が増加した方、尿の量が減ってきたという方、むくみが長期間とれないと言う方は病院での診察を受けましょう。

むくみ解消法

【むくみに有効な食品】

■カリウム■
カリウムはミネラルの一種で余分な塩分を排出し、水分を体の中に溜め込むナトリウム濃度を減少させる働きが有ります。
カリウムを多く含む食品・・・ジャガイモ、アボガド、干しぶどう、キウイフルーツ、干し柿、バナナ、リンゴ、スイカ、メロンなど
※腎臓病の人はカリウムの摂りすぎに注意!
■イソクエルシトリン■
キュウリに含まれる成分です。キュウリに含まれるカリウムとイソクエルシトリンには強力な利尿作用が有り、余分な水分を体外に排出してくれます。
※キュウリには体を冷やす作用が有るので摂りすぎに注意!
■サポニン■
小豆に含まれるサポニンは利尿作用が強く、顔や脚のむくみを摂るのにおすすめです。また、コレステロール値や中性脂肪を低下させたり二日酔いや便秘解消にも効果があります。
食べ方としてはゆでたときに成分が汁溶け出てしまうので汁を捨てずに一緒にとるようにします。また、薬効効果を上げる為にはアクもとらない事です。
■シトルリン■
スイカに含まれる成分です。腎臓薬にも匹敵する強力な利尿作用があります。スイカはビタミンやカルシウム、カリウム、リン、鉄分、アミノ酸などがバランスよく含まれる栄養価の高い果物です。

【入浴でむくみ解消】

入浴は全身の血行を促し、むくみ解消に効果的です。また、サウナで汗を流すと血液の循環が活発になり、ストレス解消や疲労回復などにも有効です。

【足のむくみ解消に】

足がむくんだ時は寝るときに足を高くすると効果的です。足を高くする事によって停滞した血液を戻す事が出来ます。

【顔のむくみ解消に】

朝、顔がむくんでいる時は温冷湿布がおすすめ。タオルを2本用意して、1本は氷水に浸し、1本は電子レンジで温めてホットタオルにします。(火傷に注意!)それを交互に当てましょう。