トップページ 若返りアイコン体の悩み、症状別・体質改善 若返りアイコン生理不順と生理痛若返りアイコン生理痛、月経困難症の原因

生理痛がひどい・・・月経困難症の原因

生理痛には体質や病気など様々な原因が考えられます。日常生活に支障がない程度でしたら問題はありませんが寝込む程ひどい状態でしたら何らかの治療が必要かもしれません。

ホルモンの過剰分泌

ホルモンの一種であるプロスタグランディンという物質が過剰に分泌される体質の人は生理痛が起こりやすいといえます。そもそもプロスタグランディンは出産の際、陣痛を起こす為に大量に分泌される物質であり、それが生理のときにも過剰に分泌されると子宮の収縮が起こりやすく、生理痛につながってしまうのです。

対処法としては病院でプロスタグランディンの分泌を抑える薬を処方してもらうよいでしょう。市販の薬は生理痛だけではなく、頭痛や腰痛など広い範囲での鎮痛効果であるためです。

子宮口が狭い

10~20代のうちは子宮や子宮口が未成熟であるため硬く狭いので、生理痛が起こりやすいといえます。30代以上になって成熟すると痛みが和らいできます。また、出産後は子宮口が広くなるため生理痛が改善する場合もあります。

子宮後屈、子宮前屈

子宮の位置によっても生理痛が起こる場合があります。子宮は通常前方に傾いていますが、後方に傾いている事を子宮後屈、前方に傾きすぎている事を子宮前屈といいます。この場合、生理の時の出血の際、子宮から排出しづらくなり、腰痛などの痛みが起こる場合があります。うつ伏せに寝ると血液が排出しやすくなり、痛みが和らぐ事もあります。

病気による生理痛

■子宮内膜症
子宮内膜症とは子宮以外の場所で生理が起こってしまう症状の事を言います。子宮以外の場所で生理が起こると血液を排出する場所がありません。そのため血液がどんどんたまっていき、周囲の臓器や組織と癒着してしまいます。

子宮内膜症は生理が来るたびに進行してしまいます。妊娠や出産をきっかけに病巣が小さくなる事もあります。また、閉経と共に病巣がなくなる事もあります。

子宮内膜症の主な症状としては月経困難症、下腹部痛、腰痛、性交痛、不妊症などが上げられます。

■子宮筋腫
子宮筋腫とは子宮内に出来る良性のコブの事を言います。20~40代の女性に多い病気です。症状がない事もありますが、コブの場所によっては過多月経、過長月経を引き起こす場合があります。

※何れにしても、症状が重い場合、症状が悪化した場合は早急に医師の診察を受ける様にしましょう。