トップページ 若返りアイコン体の悩み、症状別・体質改善 若返りアイコン生理不順と生理痛若返りアイコン不正出血

生理以外での出血・・・不正出血の原因

生理ではないのに出血する場合は、子宮以外からの出血も考えられます。原因も部位も様々で、病気である場合も少なくありません。自己判断は危険です。早めに専門医の診察を受けましょう。

排卵に伴う出血

生理と生理の中間である排卵の時期に1~3日ほど少量の出血がある場合があります。これは排卵前にホルモンの一種であるエストロゲンの減少によるものです。軽い腹痛を伴う事もあり、通常1~3日で出血は収まります。

妊娠に伴う出血

受精卵が子宮内膜に着床する時に出血する場合があります。これ自体は正常な事なのですが、腹痛や出血の量が多い場合は流産や子宮外妊娠の場合もあるので、すぐに医師の診察を受けましょう。

ストレスや激しいダイエットによるホルモンバランスの乱れ

過度のストレスや急激なダイエットによりホルモンバランスが乱れると不正出血を起こす事があります。長期間続く場合は、無排卵になり不妊症になる場合があるので早めに治療しましょう。

病気による出血

■子宮膣びらん
子宮膣部が赤くただれた状態になります。成熟した女性の多くに見られる状態で病気ではないが、子宮頸癌との区別が難しく、定期的に子宮頸癌検診を受ける事が大切です。主な症状としては、おりものの増加、不正出血が上げられるが、症状が重くなければ特に治療の必要がありません。

■子宮頸管ポリープ
子宮頸管ポリープとは子宮頸管の粘膜が増殖して子宮口から垂れ下がる病気です。症状としては痛みがない事が多く、おりものが増えたり、不正出血が起こる場合があります。

■クラミジア頸管炎
子宮頸部がクラミジアに感染する病気です。主な症状としては、膿のような黄色くて粘り気のあるおりもの、性交渉の後の出血、下腹部痛、発熱などがあげられます。不妊症の原因や慢性化する事もあるので早めに治療し根気よく治療を続ける事が大切です。

■子宮頸癌
子宮頸管に発生するガンです。発生する原因としては性行為によって感染するヒトパピローマウィルス(HPV)によって引き起こされます。性体験が豊富な人、出産回数が多い人、中絶の回数が多い人などが発生頻度が高くなると言われています。

主な症状としては、初期のうちはほとんど症状がなく、進行すると不正出血や悪臭のするおりもの、下腹部痛などがおこります。

■子宮体がん
子宮体部に発生するガンで近年増加傾向にあります。40~60代の女性に多く、特に妊娠、出産を経験していない人、回数の少ない人は発生頻度が高くなります。

主な症状としては、初期のうちはほとんど症状がなく、進行すると不正出血、下腹部痛、おりものの増加などがみられます。

■子宮内膜ポリープ
子宮内にポリープが出来る病気です。主な症状としては過多月経、不正出血、月経困難症、不妊症などがあげられます。

■子宮内膜炎
子宮内膜が何らかの病原菌に感染する病気です。主な症状としては、不正出血、下腹部の不快感、下腹部痛、腰痛、おりものの増加。ひどくなると入院する場合もあるので早めの治療が大切です。

■子宮筋腫
子宮筋腫とは子宮内に出来る良性のコブの事を言います。20~40代の女性に多い病気です。症状がない事もありますが、コブの場所によっては過多月経、過長月経を引き起こす場合があります。