悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン身体の悩み、症状別に体質改善若返りアイコン女性の病気若返りアイコン子宮筋腫

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮筋層に発生する良性の腫瘍の事をいいます。子宮に出来る腫瘍の中では最も発生率が高く、30歳代を過ぎると4~5人に一人は発生するといわれています。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状はその筋腫の発育状態によって多少異なります。不妊で悩んでいる方も、もしかしたら子宮に筋腫が出来ているかもしれません。

下記に主な症状をあげてみましたので、当てはまる方は、専門医に相談しましょう。

  • 下腹部や恥骨の上部を触ってみると丸みのある、又はゴツゴツとした硬いコブがある。
  • 生理期間が長かったり、出血量やレバー状の固まりが多い。
  • 生理が頻繁に訪れる。
  • 不妊である。
  • 不正出血がある。
  • 下腹部が張るような感じがしたり、塊があるような感じがする。
  • 階段を上ったりなどのチョットした動作で動悸や息切れがする。
  • 頭痛やめまいがする。
  • 便秘や腰痛がある。
  • トイレが近い。
  • 生理痛がひどい。

※筋腫が出来る場所によって症状が異なります。

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の主な治療法は手術によって取り除きます。しかし、筋腫の出来た場所や大きさによって、手術しない事も多いのです。特にこれから妊娠を望む方に対しては薬物療法などで様子を見る事が多い様です。

子宮筋腫の発育には女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌と大きく関係しています。従って閉経後は子宮筋腫が徐々に小さくなっていく場合もあります。

しかし、子宮筋腫は良性の腫瘍だからと全く安心とはいえないのです。子宮がんなどの病気を合併する事もあるので注意が必要です。