悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコン抗酸化食品の種類と効果若返りアイコンケルセチン

ケルセチン

ケルセチンはタマネギの皮に多く含まれるフラボロイドに分類されるポリフェノールの一種で、自然治癒力を高め、アレルギー症状を緩和する働きが有ります。

ケルセチンについて

【ケルセチンとは】
ケルセチンとは、野菜や果物に含まれるフラボロイドに分類されるポリフェノールの一種で黄色から赤色の色素成分で、ビタミンPとも呼ばれています。(ビタミンPとはビタミン様物質と呼ばれ、他にルチン、ヘスペリジン、エリオシトリン等がある。) 特に、タマネギの皮に多く含まれ、自然治癒力を高める事で注目されています。また、アレルギーの原因であるヒスタミンの過剰分泌を抑えてくれる働きをします。
【1日に必要な量】
特に必要量は確立されていません。
【含有食品】
●タマネギ(特に皮)、柑橘類、リンゴ、赤ワイン、緑茶、モロヘイヤなど
【効率的な摂取法】
ケルセチンが野菜に含まれる量はごくわずかです。
タマネギの皮に最も多く含まれているので、タマネギの皮を粉状にした物を摂取すると効果的です。しかし、市販のタマネギの皮には残留農薬が含まれているので無農薬の物か、サプリメント等を上手に利用しましょう。
【効果】
ぜんそく、花粉症、アレルギー症状の緩和、血管の強化、高血圧の改善など