悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコンストレスによる病気と症状若返りアイコンストレスと不眠症

ストレスと不眠症

精神的ストレスによる不眠症は日常生活にも支障を来す場合があります。生活リズムを整えて、出来るだけストレスを軽減する事が不眠症対策には大切です。

不眠症のメカニズムとは?

正常な睡眠のメカニズムとは、本来意識していなくても朝目が覚めると交感神経が優位になってスッキリ目が覚め、夜には副交感神経が優位になって眠くなってくる物なのです。しかし、精神的ストレスなどで自律神経が乱れるとその切り替えがうまく行かず、眠くなるはずの時間になっても交感神経が働きすぎていて中々眠くならないという現象が起こるのです。

不眠症の原因とは?

精神的ストレスによる一定の不安や悩みが原因で起こる不眠症は、この不安や悩み自体を解決しないと不眠症を治すのは難しいと言えます。

しかし、仕事や遊びなどで故意に夜更かしを続ける事で起こる不眠症は生活リズムを改善すれば徐々に解消していくでしょう。

不眠症の克服法

【精神的ストレスを解消する】

精神的ストレスを解消する為には何がストレスになっているのかを知る必要があります。その原因を知って、解消していきましょう。また、眠れないという事が精神的ストレスになる場合があります。あまり、眠れない事にこだわらない様にしましょう。

【快眠への環境を整える】

●朝、起きたら朝日を浴びる様にしましょう。狂った体内時計を正常に戻してくれる手助けをしてくれます。
●睡眠リズムを正常にする為に決まった時間に寝起きしましょう。
●レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠サイクルは90分~100分です。この時間の倍数(例:4時間半、6時間、7時間半)を睡眠時間にすると朝、スッキリ起きられると言います。(睡眠サイクルは個人差があります。)
●寝る前にホットミルクを飲むとミルクに含まれるアミノ酸が睡眠ホルモンの分泌を促してくれる睡眠物質の材料になってくれます。
●アロマ(不眠症にはラベンダー、ベルガモット、カモミールがおすすめ)や音楽でリラックスして心地よい眠りへと誘導する