悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコンストレスによる病気と症状若返りアイコンストレスと自律神経失調症

ストレスと自律神経失調症

自律神経失調症は、様々な症状を引き起こします。体が不調で具合が悪いのに病院に行っても異常が見つからない場合は、自律神経失調症かもしれません。

自律神経とは?

自律神経とは、心臓や呼吸、内蔵が自然に働く様に司っている神経の事を言います。普段、私たちの体の中では意識しなくても体の各器官が正常に機能する様に、自律神経の働きによって自然にコントロールされています。しかし、自律神経の働きがストレスなどの影響でバランスが崩れると、様々な症状が体のあらゆる部分に現れるのです。これを自律神経失調症といいます。

自律神経失調症の症状とは?

自律神経失調症の症状の現われ方は人によって様々です。主な自律神経失調症の症状を上げてみました。

頭痛、肩こり、お腹のハリ、急な汗、息苦しい、手足が冷える、動悸、顔のほてり、体がだるい、じんましんなど

自律神経失調症の判断

自律神経失調症には様々な症状があるので中々判断しにくい物です。体の不調で病院で調べてもどこにも異常がない場合は、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。自律神経失調症の根本的な原因はストレスです。この根本的原因であるストレスを解消しない限り、改善する事は難しいのです。

心療内科を受診する事も視野に入れておきましょう。

自律神経失調症になりやすい人は?

自律神経失調症になりやすい人は緊張とリラックスの気持ちの切り替えがきちんとできない人です。例えば、仕事の時はしっかり仕事をして、遊ぶ時は仕事の事を忘れて思いっきりストレスを発散させるという切り替えがきちんとできない人です。

休みの日にも仕事の事を四六時中考えていたりしませんか?そういう方は要注意です。

自律神経失調症にならない為に!

前述の通り、遊ぶ時は仕事を忘れて思いっきり遊びましょう。また、スポーツをするのをおすすめします。スポーツをしている時は緊張していますが、スポーツが終わった後はリラックスします。つまり、自然と緊張とリラックスの切り替えが出来、自律神経の働きを正常な状態にする手助けをしてくれます。