悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコンストレスによる病気と症状若返りアイコンストレスとパニック障害

ストレスとパニック障害

パニック障害は女性に多い精神疾患です。パニック障害の大きな原因は「不安」というストレスです。ストレスが多い現代社会において、パニック障害を引き起こす女性は増加しています。

パニック障害とは?

ストレスにより緊張すると心臓がドキドキして脈が乱れる事があります。この症状が何回も繰り返されるとまた、「心臓がドキドキしたらどうしよう。もしかしたら、重い心臓病かも知れない。」などど不安になりますます心臓がドキドキしてきます。こういった不安が心臓神経症を引き起こします。

心臓神経症により心臓がドキドキしてきて不安になると動悸と共に息が荒くなってきます。そのうち手足がしびれてきて過換気発作を起こします。すると、だんだんと立っていられなくなり倒れてしまうのです。この様な症状を何度も繰り返すのがパニック障害です。

パニック障害の原因は?

パニック障害の大きな原因は「不安」というストレスです。過去に経験した辛い体験がトラウマになっている場合もあります。

更に一度パニック症状を起こすと再度同じ症状が現れるのではないかという不安がパニック発作を引き起こす原因に拍車をかけます。それは、以前パニック発作を起こした時と同じ場所、あるいは同じ場面など状況によって不安を抱える事になります。

パニック障害の克服法

【専門医を受診する】
パニック障害であるかどうか見極める為にも専門医を受診しましょう。稀に、病気である場合があります。

【食生活の乱れを整える】
低血糖になるとパニック障害になりやすいと言われています。まずは、規則正しい食生活を送り、インスタント食品やレトルト食品、ファーストフードなどは出来るだけ避ける様にしましょう。

【生活リズムの改善】
パニック障害により自律神経失調症を引き起こします。規則正しい生活習慣で自律神経を正常な状態にする事が大切です。

【適度な運動】
有酸素運動は体の中の毒素の一つである乳酸の蓄積を押さえてくれます。パニック障害は乳酸が増加すると悪化する恐れがあるのです。

【アルコール、タバコを控える】
アルコールやタバコはパニック障害を悪化させてしまいます。