悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコンストレスによる病気と症状若返りアイコンストレスとうつ病

ストレスとうつ病

精神的スランプで起こるうつ症状と精神的な病気のうつ病には明らかに違いがあります。この違いを見極めてストレスを上手に解消していきましょう。

うつ病とうつ症との違いとは?

うつ病とうつ症には違いがあります。

うつ症とは、何となくやる気がしない、集中できない、何かを人に言われただけで涙が出る程悲しくなってしまう、眠れないという精神的スランプの状態をいいます。

一方、うつ病とは周囲の人が気づくくらいどんよりと暗く、口もきかない、家から一歩も出られないという精神的な病気の状態をいいます。

うつ病とうつ症の大きな違いは自殺願望です。精神的に落ち込むと誰でも一度は「死にたい」と思った事はあるかもしれませんが、実際に自殺する事はほとんどありません。しかし、うつ病になると自殺する行動に移してしまうのです。

うつ病になりやすい人は?

まじめで何でも一生懸命頑張る人、何もかもうまくやらなければ気が済まない人がうつ病になりやすいと言われています。

うつ病にならない為に!

時には力を抜いて、頑張った後は一息つくのも大切です。そして、何もかもが全てうまく行く訳がないと割り切る事も必要なのです。

また、思い切って長期休暇を取り旅行をするなど一時的に環境を変えてみるのもいいかもしれません。

仮面うつ病とは?

胃腸の症状や頭痛、高血圧、睡眠障害など体の症状に現れてくるうつ病を仮面うつ病と言います。体の症状に隠れていて一見、うつ病とはわかりません。病院を受診しても体に異常が見つからなかったら精神的な物かもしれませんので、心療内科や精神科を受診してみましょう。