悠々・健康Lifeトップ 若返りアイコン体の中の若返り若返りアイコン喫煙の悪影響

喫煙の悪影響が気になる方へ

喫煙に対する悪影響は誰もが認めている事実ですが、
なかなか喫煙人口が減らないのが現状です。
それでも喫煙による体への悪影響を懸念している方の為の
健康への道標としてお届けします。

喫煙について

喫煙者の多くの方はタバコは体に悪いと知っていながら、喫煙しています。
では、なぜ喫煙し続けるのでしょうか?

その多くはストレス解消の為という事が上げられます。
そして、一度吸い始めたらやめようと思ってもなかなかやめられません。
それはニコチン中毒によるものなのです。

また、タバコをやめると太りやすいと思っている方もいます。
しかし、タバコは筋肉をつきにくくし、体脂肪をつきやすくします。
つまり、基礎代謝を下げる事になるのです。

タバコをやめて太ったという方は、口が寂しくて飴をなめたり、味覚が正常に戻った為に食事がおいしく感じられ、食べる量が増えたせいでしょう。

タバコの悪影響とは?

タバコを吸うたびに、タバコに含まれるニコチンは脳の伝達系の神経を刺激します。するとどんどん脳は鈍感になっていき、ニコチンによって脳の伝達系の神経を刺激しなければ脳がきちんと働かなくなっていってしまいます。
ですから、タバコを吸わないでいると自律神経が乱れ、体の不調を感じる様になるのです。これがニコチン中毒の症状なのです。

禁煙の初期はとにかくイライラして、ストレスがたまりニコチンが完全に抜けるまでは禁断症状が続きます。しかし、2~3週間我慢すれば収まると言われています。

タバコは胃腸に負担をかけ,慢性胃炎や胃腸炎を患い「安くなります。そして、味覚を鈍らせ変色しやすくなります。血液の流れも悪くなるので冷え性の原因にもなります。

また、老化を促進させます。髪の毛や肌のハリやつやが悪くなったり、歯茎の色や肌の血色を悪くさせます。ビタミンCを破壊するのでしみやしわの原因にもなります。

喫煙者に多い疾患

脳卒中、慢性気管支炎、喘息、肺気腫、心筋梗塞、狭心症、 がん(肺がん、口腔がん、喉頭がん、食道がんなど) 胃、十二指腸潰瘍など
また、女性が喫煙される場合は、子宮がん、骨粗鬆症、閉経年齢の若年化、免疫能の低下、寿命の短縮などがあげられます。

特に、近年多く見られるのは肺気腫です。酸素吸入なしでは生活が困難になります。40歳前後でこの症状が見られる事も多いそうです。

受動喫煙者への影響

タバコの煙は喫煙者ばかりか周りにいる方の体にも悪影響を及ぼします。 タバコを吸う人のそばに何年もいただけで、病気を発症された方もいるくらいです。受動喫煙者、つまり自分自身は煙草を吸わなくても喫煙している人と同じ部屋にいるだけで タバコの煙の影響を受けてしまうのです。
受動喫煙者に多い疾患は、肺がん、呼吸器障害、喘息、などがあげられます。

妊娠中の胎児への影響

胎児の成長阻害(低体重児)、妊娠合併症、早産、自然流産、死産、早期新生児死亡、 などがあげられます。
また、妊婦自身喫煙していなくても受動喫煙による影響(特に身近にいる父親など)も喫煙した場合と同様に胎児への 影響があると思われます。

未成年者の喫煙について

未成年者が喫煙すると成長を妨げられるばかりか、成人してから喫煙する方よりも、ガンや虚血性心疾患への 危険性が高まり、死亡率も増加します。肺がんの死亡率は、非喫煙者に比べ、5.5倍になります。

また、10代のうちに喫煙すると精神障害を起こす確率も高くなってきます。