肝機能低下と肝臓の働き

◆◆◆肝機能低下と思われる症状◆◆◆

肝機能が低下すると身体が疲れやすくなるばかりでなく、様々な症状が現れます。以下の症状に心当たりがあればあなたの肝機能は低下しているかも知れません。
 
【1】お酒が美味しいと感じられなくなった
【2】褐色の尿が出るようになった
【3】鼻、手のひらや指の膨らんだ部分が妙に赤い
【4】お肌の色、ツヤが悪くなって来た
【5】下半身がむくんで来た
【6】脂っこいものが食べられなくなって来た
【7】痔が悪くなった
【8】吐き気や下痢がよくある
【9】暗い所での視力が落ちて来た
【10】食欲が落ちて来た

◆◆◆肝臓の働き◆◆◆

肝臓は体に取り込んだ栄養素の貯蔵、代謝、分解を行っています。そして、 脳に必要な栄養源、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて供給するのは肝臓にしか出来ない仕事なのです。
お酒の飲み過ぎや喫煙、ストレス、過食、運動不足などによって肝臓を酷使していると 気づかないうちに肝臓の機能の低下を招く恐れが有ります。 今、何事も無く生活していても「沈黙の臓器」と言われる肝臓は加齢と共に老化が始まっているのです。 ここで大切なのは生活習慣を見直す事です。

◆◆◆肝臓の改善法◆◆◆

●高タンパク質の食事をとる。
●「活性酸素」を取り除いてくれる「抗酸化物質」を含む食事をとる。
●煙草、アルコール類を控える。
●毎日、適度な運動を心がける。(ウォーキングなどの軽い運動など)
●ストレスを溜めないようにする

◆◆◆肝臓機能を高める抗酸化食品◆◆◆

◇ウコン ウコンの黄色は抗酸化物質である「クルクミン」を大量に含んでいる為です。
クルクミンは肝臓の働きを活発にし、コレステロールが血管に沈着するのを防ぎ動脈硬化を予防します。
又、アガリクスの主成分である免疫機能を強化、サポートする抗がん物質βグルカンも含まれています。
◇マリアアザミ ハーブの一種であるマリアアザミには優れた抗酸化物質「シリマリン」が含まれています。
シリマリンはアメリカでも肝機能の改善に役立つ食品として認められています。
シリマリンは体内で体に必要なアミノ酸や酵素の働きを高め、体内の不用になった物質を排出する能力を強化してくれます。
◇シジミ シジミ、アサリ、カキなどの魚介類には「タウリン」、肝機能が弱った方に不足しがちな「亜鉛」という物質が含まれています。 タウリンには肝臓の働きを高め、健康を維持する機能がたくさんあります。
アルコールを飲んだ後、シジミを摂取すると肝臓のアルコール分解処理を助け、 二日酔いの原因であるアセドアルデヒドを排除してくれます。
又、タウリンには高血圧を改善し、脳卒中や虚血性心疾患の予防にも効果があるとされています。
◇シイタケ シイタケ菌子体エキスには強い抗酸化作用が有ります。
このシイタケ菌子体エキスには肝機能低下、更年期障害、リウマチ、潰瘍、などの予防にも効果があると言われています。
またシイタケにはβグルカンという物質も含まれ、抗がん性が有る事もわかっています。
他にもシイタケには免疫機能を向上させる、コレステロールを減少させ動脈硬化や高血圧防止するなどの働きが有ります。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。