体がだるい原因と対策

◆◆◆体がだるい原因◆◆◆

◇体のだるさとストレス
生活環境が変化したことによるストレス、仕事によるストレス、家庭の悩みなどによるストレス等、ストレスが原因で体がだるくなることがあります。

◇体のだるさと睡眠障害
睡眠時間が短かったり、睡眠が浅いと疲れが取れず体がだるいと感じやすくなります。

◇体のだるさと休息不足
仕事が忙しく、休みや休息をきちんと取らないといつまでも疲労感が体に残り、だるくなります。

◇体のだるさと食生活
食べ過ぎや野菜不足は疲労を回復する力を低下させます。スナック類やお菓子を食べ過ぎている人は栄養不足で体にだるさを感じるのかも知れません。

◇体のだるさと更年期
更年期になると女性ホルモンの乱れ等から体が疲れやすくなりだるさを感じやすくなります。

◇体のだるさと筋肉疲労
肩こりや運動で筋肉が硬直するとリンパや血液の流れが悪くなり体がだるく感じることがあります。

◆◆◆体がだるくなる病気◆◆◆

◇体のだるさと発熱
インフルエンザ、風邪、リウマチ、肺結核、白血病

◇体のだるさと不眠
バセドウ病、アジソン病、うつ病、心身症

◇体のだるさとめまい
貧血症、更年期障害

◇体のだるさとむくみ
腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群、心不全、甲状腺機能低下症、ビタミンB1欠乏症、

◇体のだるさと黄疸
肝炎、肝硬変、胆石症

◇体のだるさと体重の増加
糖尿病、悪性リンパ腫

◇体のだるさと体重の減少
クッシング症候群

◇その他、体がだるくなる病気
甲状腺機能低下症、慢性疲労症候群、子宮内膜症、便秘

※体に不調を感じたら自己判断せず、すぐに専門医の診察を受ける事が病気の早期発見に繋がります。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。